収納

擦り切れるまで履いた足袋とコハゼの保管方法。


たくさん履いて擦り切れました。
この足袋はぴったり過ぎて縫い目を踏んで歩く感じだったので消耗が激しい。私は足の幅がある方なのですがこの足袋以外は少しゆとりが出ます。この足袋はもう本当にぴったり、ぴたっと足に沿うので華奢に見えたんだけど、どこで買ったのか忘れちゃったなぁ。

とはいえ家で靴下代わりにするには窮屈なので、コハゼを取って足袋は処分。
足袋を手作りしたいのでコハゼは保管。このまま置いておくと私は絶対に入れた場所も忘れるし、1枚足りないってことになりかねないので、安全ピンにまとめて保管しました。

まち針ケースにまち針と一緒に入れたら、絶対に忘れないですね。このケースはフランスアンティークの石鹸入れ。18才の時にフリーマーケットで購入したもの。本当に好きなものは物持ちが良いのです。

タイトル詐欺になった感が否めませんが、こんな感じで保管しています。もっと増えてきたら別の入れ物を考えないといけませんね。狙っているのは、中川政七商店のコレコレの入れ物。コレもいいんだけれど、中身を使い切らなきゃ缶が使えない。むむむ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です