ミシンで着物をつくる

重い腰が上がった!ようやく型紙をマイサイズに作り直しました。

市販の浴衣パターンを自分の着物サイズにかえて型紙を作りました。1から型紙を作るとなると本当に大変ですがこの方法なら少し楽ができます。型紙のサイズと自分のサイズが、数mm程度の差の部分については、大きくなろうが小さくなろうが既製品サイズを優先。

袖の丸みは Waffle Patternsさんで配布されているアイロン定規の2cmを使っています。

市販の型紙の上に着物をのせたり、着物の上に型紙をのせて爪で跡をつけたり、試行錯誤してなんとかできました。後ろ身頃はほぼ型紙通りで前身頃とおくみを少しいじったくらい。型紙はいくつかのパーツに別れているものを貼り合わせるタイプなのですが、前と後ろの境目は何も考えてなかったけどしっかり幅が揃ってよかった。目印マークは(当たり前だけど)揃わないので作りながらどうにかできるでしょう。

おくみは型紙だと、型紙自体、上のほうが三角になっています。実際の着物は衿につつまれているので別に三角にカットする必要はなかったかなぁ。縫いやすさで言ったらカットしてあるほうが良さそうと思ってカットしちゃいました。和裁じゃないし…まいっか〜。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です