小物をつくる

ピアスリメイクで帯留めをつくる

最近は安いアクセサリーショップがたくさんあっていいですね。可愛いピアスが並んでいるとついつい見てしまいます。私はピアスの穴は開けていないので、眺めているときはだいたい着物に使えないかなぁとか考えています。

今日は、海外通販で買ったピアスを使って帯留めを作ってみました。和風の色使いがとても可愛いです。レジンパーツに着色レジンを流したら似たものを作れる気がします。

  • STEP01
    こんな感じの帯留めを
  • STEP02
    裏の金具を少しカットして

    ヤスリがあれば根元からカットしてバリを取るほうが良いと思います。
    なぜかうちにはヤスリがなかったので🤣
  • STEP03
    丸く曲げるように潰す
  • STEP04
    帯留め金具を接着剤でつけて

    私は手芸用の2液タイプの接着剤を愛用しています。
  • STEP05
    乾いたら完成

めちゃくちゃ簡単なリメイク帯留めです。曲げた金具にぶら下げられるようなパーツをつけたら、ゆらゆら動いてきっと可愛いですよね。

それから、半衿の付け替えもしました。レースの半衿は通年OKなので、わざわざ塩瀬にしなくてもよかったのですが、教室も再開したことだし背筋を伸ばす感じで。今更思いましたがこのレースは分厚いので夏には重たい感じでした。

私はしつけ糸派です。着付け教室の講座で半衿付けを習いましたが、自己流が混ざって超適当な感じ。半衿付けテープも持っていて教室に通っていない時期はテープを愛用。縫い付けちゃうと付け替えが面倒になって半衿を変えるタイミングが延び延びになりますよね。私は不器用なので付け替えはアイロンで跡をつけるあたりからだいたい30分くらいかかりますので、さぁやるぞ〜って言う気力がないと無理無理。テープは長期間の使用には向かないけど気軽に付け替えができるので楽ちんです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です