ミシンで着物をつくる

カーテンのハギレ生地で羽織を作りました

近所の生協で投げ売りされていたカーテンのハギレ生地で、羽織を作ってみました。

150cm×200cmで税抜き390円。
2枚買いましたが膝丈の羽織だったので実際に使ったのは1.3枚くらいです。
もう少しうまく裁断ができれば1枚でも作れそうでした。
色はアイボリーです。レースカーテンでは珍しいような気がします。

参考にさせてもらったのは、ひぐまさんの「はんなりくらぶ」の「夏羽織」「夏用上っ張り」という記事です。型紙を公開されていて、大変参考になりました。

ポリのレース生地なので、
切りやすいし重ねてもズレないし、着物に続いて楽々でした。


レースなのでチャコペンの代わりに1枚ずつしつけを。


前後の身頃を縫い付けます。
背中心・マチを作らない羽織にしましたので
簡単にそれっぽくなっていきます。


前身頃を1.5cmほど斜めにして出して、
羽織の前下がりを作りました。


衿をつけたところ。


先に縫い付けた側の縫い代を取り過ぎてしまって失敗。
狭い幅を上手にくける自信がなかったので
あらかじめ折り込みをミシンで直線縫い。

乳はまだつけていませんがとりあえず完成〜。

カーテン生地は黒のレースと、深緑の遮光も買ってあって
黒はロング丈に。深緑は今回と同じ膝丈で作りたいです。

先日絽の着物を買ったのですが、2枚買ってどちらも濃紺なので
夏の羽織は今日作ったアイボリーが大活躍しそうです。

夏に使える羽織を持っていなくて焦っていたので、一安心です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です